お知らせ

せとうちDMOお知らせサイクリストの聖地 しまなみ海道にサイクルシップ 今秋デビュー!
2018.04.05 プレスリリース

サイクリストの聖地 しまなみ海道にサイクルシップ 今秋デビュー!

~しまなみ海道の旅行がもっと便利に!もっと楽しく!~

せとうちDMOを構成する㈱瀬戸内ブランドコーポレーション(広島市中区 代表取締役 佐々本 博士)と㈱JR西日本イノベーションズ(大阪市北区 代表取締役社長 奥田 英雄)は、共同出資および「せとうち観光活性化ファンド」の活用により、自転車をそのまま持ち込める旅客船「サイクルシップ」導入のための船舶保有会社「㈱瀬戸内チャーター」を設立しました。サイクルシップは、今秋予定されている「サイクリングしまなみ2018」の開催に合わせてデビューする予定であり、以下のとおり準備を進めています。

1.船舶保有会社の設立
しまなみエリアの魅力向上、交流人口の拡大による地域の活性化に貢献することを目的に、船舶保有会社「瀬戸内チャーター」を設立しました。

■瀬戸内チャーター概要

代 表 者 丹治 朋之
(現㈱せとうち観光パートナーズ 代表取締役)
所 在 地 広島県広島市中区基町10番3号
設立年月 2018年3月13日
出資比率 瀬戸内ブランドコーポレーション(35%)
せとうち観光活性化ファンド(34%)
JR西日本イノベーションズ(31%)
事業内容 船舶の賃貸、コンサルティング業務等

2.サイクルシップの導入
瀬戸内チャーターがサイクルシップ(新造船)を購入し、㈱瀬戸内クルージング(広島県尾道市 代表取締役 藤井 瑠夏)が運航を担います。2018年10月28日に開催が予定されている国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ2018」に合わせてデビューします。その後は、尾道-瀬戸田間の定期航路や貸切チャーター船として、しまなみ海道に訪れるサイクリストのみならず多様な観光ニーズに応え、さらなる観光振興を図ります。

■サイクルシップ概要

名  称 未定
運航航路 尾道-瀬戸田航路(定期航路)および貸切チャーター船
就航予定 2018年10月28日 国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ2018」開催当日 ※尾道-瀬戸田定期航路の運航は2019年1月頃を予定
定 員 等 旅客定員:75名、自転車積載台数:約50台
運航会社 瀬戸内クルージング

 

3.連携に向けた覚書の締結 瀬戸内クルージング、瀬戸内チャーター、瀬戸内ブランドコーポレーション、JR西日本イノベーションズの4社はサイクルシップ導入に向け連携を図ることとし、2018年3月29日に覚書を締結しました。

(参考1:事業スキーム)
20180405scheme

(参考2:サイクルシップイメージパース)
20180328_cycleship_tire

※花火大会等の多様なニーズに応えるため、展望デッキ(通常:自転車スペース)はベンチを設置するなど、多目的にご活用いただけます。

◆せとうち観光活性化ファンドとは 瀬戸内地域7県(兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県)の地方銀行および株式会社日本政策投資銀行と株式会社海外需要開発支援機構の出資により組成されました。瀬戸内ブランドコーポレーションは、せとうち観光活性化ファンドを活用した資金調達や事業者支援を決定・実行し、せとうち観光パートナーズは、せとうち観光活性化ファンドの管理運用を行います。 

 

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
株式会社瀬戸内ブランドコーポレーション 担当:内藤・高須賀  TEL: 082-836-3205
一般社団法人せとうち観光推進機構    担当:森原・矢野   TEL: 082-836-3217
株式会社JR西日本イノベーションズ   担当:喜多岡     TEL: 06-6365-8244
株式会社瀬戸内クルージング       担当:藤井      TEL: 0848-36-6113