お知らせ

せとうちDMOお知らせ中野製菓への観光ファンドによる支援決定
2018.08.30 プレスリリース

中野製菓への観光ファンドによる支援決定

~香川県発 希少糖を使用した「希少糖芋けんぴ」の増産に対応!~

せとうちDMO (※1)を構成する株式会社瀬戸内ブランドコーポレーション(広島県広島市中区基町 代表取締役 藤田明久)は、香川県にて「希少糖芋けんぴ」を製造する、株式会社中野製菓(香川県さぬき市 代表取締役 中野清治/以下、中野製菓)に対する支援を決定しました。本件は、株式会社せとうち観光パートナーズ(広島県広島市中区基町 代表取締役社長 丹治朋之)が管理運営する「せとうち観光活性化ファンド (※2)」を通じた資金支援となります。

中野製菓は、昭和30年に創業した老舗の菓子製造事業者で、主に芋けんぴやひねり揚げを中心に製造・販売しています。香川県で商品化に成功した希少糖 (※3)を使用した「希少糖芋けんぴ」は、販売開始以降順調に受注を伸ばしており、東京都にあるアンテナショップ「香川愛媛せとうち旬彩館」でも人気を博し、今後も売上拡大が期待される製品となっています。

このたびの資金支援は、製品の製造量を拡大し、販路拡大や新商品開発等を積極的に展開していくことを目的に中野製菓が建設する「新工場建設」に対して行うものです。同時に資金支援を行う株式会社百十四銀行(香川県高松市 頭取 綾田裕次郎)との連携により実現しました。

せとうちDMOは、地元経済への波及効果など瀬戸内の活性化につなげるべく、地域周辺事業者との連携・支援を図りながら、瀬戸内ブランドおよび地域産品の普及や発展に取り組んでまいります。

【対象会社概要】
■屋号  :株式会社 中野製菓
■設立  :昭和40年7月1日(創業は昭和30年4月)
■資本金 :1,000万円
■代表者 :中野 清治
■所在地 :香川県さぬき市志度1054番地3
■事業内容:菓子製造業者(主に芋けんぴ)

■株式会社中野製菓が製造する希少糖芋けんぴ及び新工場(イメージ)

imokenpi
▲希少糖芋けんぴ
imokenpi2
 ▲製造中の芋けんぴ
factory

▲新工場(住所:香川県さぬき市鴨庄)


※1:せとうちDMO
官民が参画する一般社団法人せとうち観光推進機構と金融機関・域内外の民間企業が参画する株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションで構成。DMOはDestination Marketing/Management Organizationの略。観光需要の創出と商品やサービスの供給体制の強化を行いながら、多様な関係者とともに持続可能な観光地域づくりを推進している。
※2:せとうち観光活性化ファンド
瀬戸内地域7県(兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県)の地方銀行および株式会社日本政策投資銀行と株式会社海外需要開発支援機構の出資により組成されました。瀬戸内ブランドコーポレーションは、せとうち観光活性化ファンドを活用した資金調達や事業者支援の決定・実行を行い、せとうち観光パートナーズは、せとうち観光活性化ファンドの管理運用を行います。
※3:希少糖
希少糖とは、自然界に微量にしか存在しない単糖(糖の最小単位)のこと。香川大学、香川県などが連携して共同で研究・開発を行い、産学官連携プロジェクトとして商品化された。香川県は、希少糖の普及を積極的に行っています。

 

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
一般社団法人せとうち観光推進機構  担当:森原・矢野              TEL: 082-836-3217
株式会社瀬戸内ブランドコーポレーション 担当:高須賀・大森  TEL: 082-836-3205