お知らせ

せとうちDMOお知らせ瀬戸内ブランドに11商品を追加
2018.12.27 ブランド登録

瀬戸内ブランドに11商品を追加

一般社団法人せとうち観光推進機構(広島県広島市中区基町 会長 佐々木 隆之)は、瀬戸内ブランド登録商品として新たに11商品を「瀬戸内ブランド」に登録しました。

これまで、瀬戸内ブランド登録商品として、309社897商品を、また「瀬戸内ブランドサービス」として24社41サービスを登録してきました。今回、新たに加わることで、334社より908商品41サービスが展開されることになります。(内、269商品・19サービスは2018年12月21日現在販売終了)

豊富で品質の高い瀬戸内の商品・サービスを“瀬戸内ブランド”として登録していくことで、国内外から認められるブランドの確立を目指して参ります。
※新たに登録された商品は次の通りです。(詳細は別紙をご参照ください。)

 2018年12月21日
 平成30年瀬戸内ブランド【新規】9月登録商品一覧表 
No  企業名 所在地(県・市)   商品名
1 株式会社洋菓子のヒロタ 東京都新宿区 瀬戸内レモンのシューアイス
2

万汐農園

広島県尾道市 蜜柑ぷりん
3 寺岡有機醸造株式会社 広島県福山市 大田記念病院が考えただしつゆ
4 酪農Café Mou Mou Kitchen 岡山県笠岡市 瀬戸内レモンカタラーナ
5 株式会社 八百金 広島県広島市 瀬戸内海産 きざみめかぶ
瀬戸内海産 べいか煮干し
塩無添加食べる小魚
瀬戸内海産 干しえび
9 海人の藻塩麹
10 亀田製菓株式会社 新潟県新潟市 手塩屋ミニ レモンペッパー味

☆12月瀬戸内ブランド登録商品11品の内、1商品は発売前のため未掲載です。

96-pdf-blue詳細一覧表 瀬戸内ブランド登録商品/新規追加分のみ

※瀬戸内ブランド登録商品の全件一覧は瀬戸内ブランド登録制度ページの「瀬戸内ブランドの商品はこちら」をご覧ください。

【瀬戸内ブランド登録商品とは】
瀬戸内ブランド登録商品は、瀬戸内エリア特有の「自然(島や内海)」、「食」、「歴史」といった資産をもとに開発され、瀬戸内ブランドのアイデンティティを体現する商品及びサービスを、当機構が厳選し登録しています。瀬戸内7県の農水産物を原材料に使用し創意工夫がなされている点や、瀬戸内を想起するパッケージデザインなどを選定基準に設け、登録された商品には瀬戸内ブランドマークを付与しています。

(参考)

▼瀬戸内ブランドマーク
brandlogo
瀬戸内の美しさを構成する要素を組み合わせ、瀬戸内ブランドを象徴するブランドマークです。モチーフに用いたのは、瀬戸内の多島美、温暖な気候、穏やかな海。これからの瀬戸内にふさわしい活動やものづくりにこのブランドマークを付与しています。

 


【お問い合わせ先】
一般社団法人せとうち観光推進機構
TEl:082-836-3217
瀬戸内ブランド登録に関するお問い合わせ:田中
取材・広報に関するお問合せ      :森原、矢野