お知らせ

せとうちDMOお知らせ航空機自転車輸送用の受託手荷物専用ボックスを共同開発
2018.06.22 プレスリリース

航空機自転車輸送用の受託手荷物専用ボックスを共同開発

~手軽で安心・安全な自転車航空輸送手段の確立に向け~

せとうち観光推進機構(せとうちDMO※1/所在地:広島県広島市、会長:佐々木隆之)は、今後ますます盛んになることが予想されているサイクルツーリズムの多様なニーズに応えるべく、自転車輸送用の受託手荷物専用ボックス(SBCON™ エスビーコン)を、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二、以下「JAL」)と合同会社S-WORKS(本社:東京都港区北青山、代表社員:坂本潤、以下「S-WORKS」)と共に開発しました。

 この専用ボックス(SBCON™)は、当初は国内線の団体旅行のお客さまの受託手荷物用として、2018年8月より供用を開始します。また、将来的には、個人のお客さまにもご利用いただけるようにする予定です。

せとうち観光推進機構が活動する瀬戸内には、サイクリングの聖地として世界から注目されている「しまなみ海道」をはじめ、国内外のサイクリストを惹きつける魅力あふれるサイクリングコースが多数あり、環境整備も着実に進められています。こうした瀬戸内に国内外のサイクリストを誘客する上で、サイクルイベントに参加されたサイクリストやサイクリングに関わる事業者などから、広域移動に伴う自転車輸送の利用を阻害する「破損リスクや梱包・分解作業の手間」の解消を必要とする意見が多数あがっていました。

 その課題を解決するべく、JALならびにS-WORKSとの共同開発が実現し、このたび自転車を安心・安全に輸送できる専用ボックスが完成しました。2018年8月からの国内線団体旅行の方向けへの供用開始に先駆けて、専用ボックスを利用したモニターツアーの設定も予定されています。

  そして今後は、この瀬戸内発のJAL、S-WORKSとの新たな挑戦が日本全国や世界各国に広がり、サイクルツーリズムが大きく飛躍することで、地域の活性化につながることを期待しています。

logo

sbcon01s  sbcon02s
 
▲受託手荷物専用ボックス(SBCON™)イメージ

 

※1せとうちDMO… 官民が参画する一般社団法人せとうち観光推進機構と金融機関・域内外の民間企業が参画する株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションで構成。DMOはDestination Marketing/Management Organizationの略。観光需要の創出と商品やサービスの供給体制の強化を行いながら、多様な関係者とともに持続可能な観光地域づくりを推進している。