お知らせ

せとうちDMOお知らせ株式会社四国水族館開発への観光ファンドによる支援決定!
2018.06.26 プレスリリース

株式会社四国水族館開発への観光ファンドによる支援決定!

~2020年春オープン!瀬戸大橋のたもとに四国最大級の水族館が新たに誕生~

せとうちDMO(※1)を構成する株式会社瀬戸内ブランドコーポレーション(広島県広島市中区基町 代表取締役 藤田 明久)は、2020年春開業予定の「四国水族館」を運営する株式会社四国水族館開発(香川県綾歌郡宇多津町 代表取締役 流石 学)に対する支援を決定致しました。本件は、株式会社せとうち観光パートナーズ(広島県広島市中区基町 代表取締役社長 丹治 朋之)が管理運営する「せとうち観光活性化ファンド」(※2)を通じた出資となります。

「四国水族館」は、香川県の瀬戸内海沿岸に位置する、宇多津町のうたづ臨海公園内に建設予定の新しく近代的な水族館です。館内では、メイン展テーマを“四国水景”とし、鳴門の渦潮などを再現した水景を見ることができます。また、宇多津塩田で生成された塩の白を基調としたエントランスや、瀬戸内の空気を感じながら過ごせる「せとうちデッキ」など、地域文化を感じる空間演出や展示が予定されています。

「四国水族館」の建設予定地であるうたづ臨海公園は、瀬戸内海に沈む美しい夕陽や瀬戸大橋が楽しめる絶好のロケーションであることから、こうした立地を生かし、同水族館が瀬戸内の魅力を体感できる新たな観光拠点となることを期待しています。

今後、せとうちDMO は、「四国水族館」の開業が周辺施設や地元経済への波及効果など瀬戸内の観光活性化につながることを目指し、各種プロモーションや地域周辺事業者との連携を支援してまいります。

【水族館概要】
■名称  :四国水族館
■所在地:香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁4番地の一部
■面積 :敷地 8,516.13㎡
        建物 7,184.15㎡
■構造 :鉄筋コンクリート造り、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
■施工 :大成建設株式会社

【運営会社概要】
■会社名:株式会社四国水族館開発
■所在地:香川県綾歌郡宇多津町浜三番町25-21
■資本金:1億円
■代表:流石 学
■HP:http://shikoku-aquarium.jp/

shikoku-aquarium
▲鳥瞰パース

shikoku-aquarium02
▲夕日のイルカプール
shikoku-aquarium03
▲外観近景

shikoku-aquarium04
▲うずしお水槽

※1:せとうちDMO
官民が参画する一般社団法人せとうち観光推進機構と金融機関・域内外の民間企業が参画する株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションで構成。DMOはDestination Marketing/Management Organizationの略。観光需要の創出と商品やサービスの供給体制の強化を行いながら、多様な関係者とともに持続可能な観光地域づくりを推進している。

※2:せとうち観光活性化ファンド
瀬戸内地域7県(兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県)の地方銀行および株式会社日本政策投資銀行と株式会社海外需要開発支援機構の出資により組成されました。瀬戸内ブランドコーポレーションは、せとうち観光活性化ファンドを活用した資金調達や事業者支援の決定・実行を行い、せとうち観光パートナーズは、せとうち観光活性化ファンドの管理運用を行います。